HOME > ブログ
ブログ
いろいろなご縁で
2016年9月19日

 

 

先月は心に残るのアドバイスを二人の方に頂きました。 その中でも印象的だったのが「長男と会話をして!今のあなたの師は長男だよ」と言われたことです。 この方はお客さまの紹介でお会いすることになったのですが、普通は喫茶店などでお会いするみたいですが、皇居の勤労奉仕の経験者なら靖国神社内奥にあるカフェがいいでしょうと、初めて靖国神社に行きそこでお会いいたしました。 靖国神社はやはり他の一般の神社とは違って、風格っていうか重みっていうか入った瞬間から身も心も締まるような感じがしました。 神社内を歩きながらなんで今まで来たことがなかったのか不思議でした。 そのカフェでの会話の中でいわれたのです。 「でもアパートを借りて一人暮らしを始めてからは、なかなか帰って来ないので最近は会ってもいないです。」と伝えたら「会いに行けばいいの! 今しかないよ」 その方は色々見える方みたいで娘についてもアドバイスを頂きました。 今回は何が聞きたいとか知りたいとか特になかったのですが、このタイミングで今まで行ったことのない初の靖国神社内で子供とのかかわり方などの話しを聞けたのは意味があると思うし嬉しかったです。 またその方が昔教わった恩師に雰囲気が似ていて注意の仕方や教え方などを聞いていると懐かしさまで感じました。 帰りに遊就館を見ていったらと勧めれましたが時間がなかったので参拝だけを済ませて帰りました。 

 

その後、気になっていたので長男の大好きなラーメンを餌に誘ってみました。 1時間ぐらい色々と話はしてみましたが、そのときは特に何ってことはなくただの親子の会話でしかありませんでした。 

 

でも数日後、子供達が家に遊びに来たとき家族で会話していて、昔のアルバイト先での店長の話しがでて“出来る店長”と“出来ない店長”の話になりました。 子供達の中では出来る店長は空いた(暇な)時間の使い方が違う、出来る店長は空いた時間を新人などのスタッフ教育に多く使う、店が混んだときでもスタッフが動けるので慌てることもなくスムーズに仕事がはかどるし、スタッフの仲もいい。 でも出来ない店長は空いた時間に雑用しかさせないので混むと新人が動けないので店長が自ら動かないと回らないし、指揮する店長がいないので厨房とホールの連携が悪くなり、無駄な動きが多くなりミスが増えクレームにもなるし、さらにそういう店長に限って新人にあたるそうです!? この話は以前飲食店で働いていた長男と現在飲食店でアルバイトをしいる娘との会話で「そうそう、あるある」とかなり盛り上がっていました。 他にも色々話はあったのですがお酒を飲みながら聞いていたのでいつの間にか酔ってしまい、これぐらいしか覚えていませんでした。 本人が出来る出来ないは別にしてアルバイトでも良く見て考えているんだなぁ~と感心しました。  長男とはまた時間をつくって色々と話したいと思います。

 

もう一つが昨年の補助金制度を勧めてくれた方の企画したセミナー(茨城県)に行ってきたときの話しです。 始まる前に講師の小杉さんと話をしたら以前さくらモールのカジュアルショップで働いていたとのことでいきなり親近感が出ました。 小杉さんは9年前に独立して4年間は赤字続きで子供のランドセルを買うお金もないぐらい大変な時期もあったそうですが、現在では婦人服と子供服のお店を5店舗営んでいます。 何年か前には「ガッチリマンデー」・「ナニコレ珍百景」のテレ番組にも出たことがあるそうです。 講師の小杉さんに言われたのがイベントをしたら結果をお客さまに報告しないとダメだしもったいないと言われました。 イベントのやりっぱなしはダメ、結果を文章にしないと次へのステップの為の積み上げになりずらいのは知っていたので、イベントの結果報告は私の所属している実践会へは不定期ですが報告をしていました。 普段やっていることはそんなには変わらなったけど、「お客さまへのイベントの結果の報告」は今までしたことがなかったのでこれからはちゃんとしていきたいと思います。  先月は二人の方に良いタイミングで必然的にお会いできて本当に良かったです。 感謝♪感謝♪♪ (二人の方に必然的にと言われたので。)