HOME > ブログ
ブログ
東大門グルメ 「タッカリマリ」
2017年6月20日

 

今年もいってきました。 2泊3日のソウル仕入れ! 半年にごとに路面店の店長と一緒に行き始めてのソウルはこれで3回目となります。 東大門での卸販売は夜中の12時からスタートなので、前回までは日中はゆっくり休んでいたのですが、今回、日中は小売店を周り交渉してみることにした。 

 

到着して先ずは、毎回いく路地裏の食堂にいきます。 いつものあまり辛くないビビンバなどをそれぞれ注文してから、日本から持っていった飴を韓国語で「半年ぶりに日本からまた来ました。お土産です」と言って渡すと大げさなぐらい喜んでくれてビールをサービスしてくれました。 (会話をしたのは一緒にいったスタッフです。) 私の中ではここで食事をするとソウルにきたことを実感できソウルモードになります。

 

食事を終え少し休んだ後は、夜の仕入れです。 およその仕入れ先は決まっているけど、今回も好みの服があるかな~と多少不安には思いながらも目的地についたら! 「エ~~~」。 ビックリ!? その仕入先の商品が変わっていて愕然!! そして次の場所はエリアの雰囲気までもが変わっていて名前も商品も違っていて、さいさきの悪いスタートとなりました。 結局のところ残っていたのは2軒だけでした。 すでに朝の4時近かったのでスタッフはうどん、私はバンバンジーを食べて部屋に戻り寝ました。

 

翌日は13時に待ち合わせをし東大門に来たら食べなくっちゃ「タッカリマリ」を食べにいきました。 いつもお世話になっている両替商の近くに焼き魚のお店が並ぶ焼き魚通りを抜けると右側にイッコウさん、道場アンジェリカさんなどの方々が食べに来たことのあるタッカリマリ専門店にいってきました。 

 

タッカリマリは鍋に一羽(二人前)鶏とジャガイモ、高麗人参、ネギが一緒に入っていて席に座ると何も聞かずに二人前出てきます。 鍋に入っている鶏をハサミでバシバシ切ってもらってから
細長いお餅を乗せて火を入れます。 そしてグツグツと煮えてきたけど、いつ食べていいか? わからいのでジェスチャーで食べてもいいか?と聞いたら日本語で「ジャガイモが煮えたら鶏も食べられる」と返事が返ってきました。 「なんだ! 日本語、話せるんじゃん?!」 そして特製のつけダレに、ニラ、ニンニク、豆板醤をお好みので入れて好みのタレを作るですが、このつけダレが美味しかった。 初めにお餅とジャガイモは何も付けずに食べても美味しい、ホッとする味でした。 次に鶏ですが何もつけなくてもスープの味が染み込んでいて美味しいのですが、タレにつけるとマジにやばいぐらい美味い!! 周りを見ると女性は箸で上品に解しながら食べていましたが、私は箸と手を使って熱いのを我慢してワイルドにかぶりつき、ドンドン食べていきました。 「美味しかったぁ~(*^-^*)♪」 店長はサッパリした味にコラーゲンたっぷりのスープをゆっくり食べながら、寝不足の疲れと胃の疲れで食欲があまりなかったが、徐々に調子も良くなり
二人で一羽食べた後シメに麺(クッスサリ)まで食べてきました。 今回唯一の観光?!

 

美味しい物を食べて元気が出ててきたので、また歩きまわりながら商品を探しました。 途中から雨も降ってきてビルからビルへの移動が大変でしたが、なんとか良さそうな商品が探せたので良かったです。 夕食はいつもの食堂の姉妹店を紹介されたのでそこに行ってきました。 店内は今風の明るいつくりで、お客さんも若い人たちが多かったのでどんなメニューがあるのかなぁ~と少しワクワクしなが見たら同じメニューにチョット「え~」って感じでしたが美味しかったので良しとします。

 

その夜も12時から夜中3時まで頑張って動きまわり、結果今までにない好感度な商品が見つかったので今回はホッとしました。 それにほとんどの商品が送れたので税関もスムーズに通過できて良かったです。 でも、でも、毎回夜中の仕入れは本当にキツくて疲れました。 

次回も頑張ろう(*^-^*)v